50th Anniversary
お問い合わせ

ニュース

ミャンマー、児童養育施設「ドリームトレイン」でパソコン教室を始めます。

お知らせ

 

ミャンマー、児童養育施設「ドリームトレイン」でパソコン教室を開始

2016923日

株式会社ヒロケイ

 

株式会社ヒロケイは、ミャンマー・ヤンゴンの子会社ヒロケイ・ミャンマー・システムズ株式会社(Hirokei Myanmar Systems Co., Ltd.、以下HIMS)を通じ、特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区)が支援する児童養育施設「ドリームトレイン」でパソコン教室を実施します。

 

パソコン教室は、924日(土)から開始し、ほぼ月2回のペースで12月まで開催。1回あたり8人、計40人の中学生が受講する予定です。パソコン操作の基礎のほか、パワーポイントを用いた作品制作を行い、12月には受講生の作品の発表の機会を設けます。

 

今回のパソコン教室事業はHIMSが新たに開始する「HH See Project」の一環で、このほか、ドリームトレインの学生をHIMSで受け入れるインターンシップを計画しています。ヒロケイはさらに、ドリームトレイン施設内に図書館とパソコンルームを整備する予定です。

 

ミャンマーでは、急速に進む経済発展の下で、IT人材の不足が深刻となる一方で、一般の小中学生はパソコンに触れる機会がほとんどなく、学習の機会が限られています。ドリームトレインには身寄りのない子どもら186人が暮らしており、支援を行うジャパンハートは生活のみならず子どもらの教育活動にも力を入れています。このプロジェクトを通じ、パソコンの技術を身に着けることで就職が有利になり、経済的に独立した生活を築く一助になると考えます。

 

ヒロケイは一連のプロジェクトを通して、IT分野の人材育成を進め、ミャンマーのIT業界の発展に貢献します。

 

問い合わせ:ヒロケイ 中山(TEL:03-3638-6471

 

参考 NPO法人ジャパンハート http://www.japanheart.org/myanmar/activity/dream_train/

 

ニュース

新卒採用情報
pagetop